食後に食べるものが太る原因かも

食後に食べるものが太る原因かも

しれません…。

 

 

 

ごく普通の食事をしていても食後のデザートを

毎食食べていると太りますよ。

 

 

 

私は子供の頃から食後のデザートが普通だったので

子供時代はちょっとぽっちゃりしていました。

 

 

 

母が食後のデザートを食べたい人で、父は甘党で

デザートの他にお菓子まで食べる人でした。

 

 

 

特に父の場合は和菓子洋菓子何でも来いというくらい

甘いものが大好きでしたから、食卓にあるものを

私も自由に食べていたのです。

 

 

 

母は母で果物が好きで季節の果物を食後必ず出してくれたので、

私はこの食生活では絶対に痩せられないと諦めていたくらいです。

 

 

 

食事はごく普通の食事でしたが、種類が多く食べるものには

まったく不自由しなかったです。

 

 

 

贅沢な食事ではなく昔ながらの総菜に味噌汁、

白い御飯メイン料理という感じでしたが、お総菜を

何種類も作る母だったので体重は減りませんでした。

 

 

 

いくら走り回って遊んでも運動部に入っても体重が

減らなかったのは、こういう理由があったからだと

今は思うのです。

 

 

食事の間隔を開けると太りやすくなる

太りやすい食事は食事の間隔を開けすぎることですね。

 

 

 

たぶんダイエットをしたことがある女性なら

この意味が分かると思います。

 

 

 

食事を抜くと始めは痩せるけれどその食生活をやめた

途端どんどん太りますよね・・・。

 

 

怖いほどに身体が栄養を吸収しはじめて太ることを

止められない状態になります。

 

 

 

だから食事を抜くとか食事と食事の間を開けすぎては

いけないのです。

 

 

 

ダイエットにはリバウンドがつきものですが食事を

抜くダイエットだけはすぐにリバウンドしてしまいます。

 

 

さらにこの食事方法を続けていると

その間かなりつらいですよね・・・。

 

 

 

1食抜いたり時には2食抜いてみたり。

 

 

 

頑張って頑張ってやっと痩せても3食食べ始めた途端に

信じられないくらい早く太っていきます。

 

 

 

人間の身体って極限状態になるとどんどん変化するように

できているみたいですよ。

 

 

 

だから太りたくなければ3食きちんと食べれば良いのです。

 

 

 

食事の内容は偏らないように十分考えなければいけません。

 

 

炭水化物の多い食事

太りやすい食事は、なんと言っても炭水化物や糖質を

多く摂取してしまう事ですね。

 

 

 

ご飯やお菓子など、ほとんどの人が好きかと思います。

 

 

 

ついつい食べ過ぎてしまいがちです。

 

 

もちろん、摂取カロリーと消費カロリーの差が

太ってしまうわけですが、関西圏で有名な組み合わせと

言えば、お好み焼きとご飯のセット通称「お好み焼き定食」

なんかは、炭水化物を沢山食べてしまうので、

太りがちです。

 

 

 

炭水化物や糖質を沢山食べると、中性脂肪の値が

高くなってしまう危険もあります。

 

 

もう一つは、菓子パンでしょうか。比較的安価でありますし、

簡単に摂取しやすい事もあります。

 

 

 

しかし、後ろに書いてあるカロリー表示を見たら

お分かりだと思いますが、とてもカロリーが

高いです。

 

 

しかし甘くて美味しいんですよね!

 

 

最後の代表格はラーメンセットですね。

 

 

味は濃いし、食が進みます。塩分も多いので好きな方は

スープまで全部飲み干してしまうのではないでしょうか。

 

 

これも炭水化物を多く摂取しますので、

太りやすいですね。

 

 

美味しい食事には太りやすい要素が多くある事を

心して楽しく食べたいですね!

 

 

 

 

どうして太るのか??

まず自分に必要な1日カロリーを計算してみましょう。

 

 

簡単な式であれば、体重×25kg~30kgをすればおおまかな

カロリー量を知ることができます。

 

インターネットで「栄養、カロリー、式」で入力すれば

自動で計算してくれるサイトもあります。

 

 

自分に必要なカロリーは体重、身長、活動レベル(どのくらい動くのか)に

よっても変わってくるので、同じ年代が同じカロリーという

訳ではありません。

 

必要以上のカロリーを摂り続ければ太っていくでしょう。

 

次に食事の内容です。

 

糖質を多目にとれば太っていくでしょう。多くとると

皮下脂肪として貯められていきます。

 

 

よく糖質制限というダイエットの方法を耳にする方も

いらっしゃると思いますが、このことですね。

 

食べ方もあります。

 

サラダ、特にキャベツなどの食物繊維はコレステロールを

絡めとり、糞便中へだし、コレステロールを下げてくれる

作用がありますので、食事の後にサラダを食べると脂肪が

つきやすくなり、太る原因になります。

 

主食は太る

「主食は太る」その一言に尽きると思います。

 

 

ごはん、パン、麺、粉もの、炭水化物は一番太ります。

 

 

試しに一日主食を食べずに過ごしてみてください。

 

 

かなり痩せると思います。

普段から摂生している人は感じないかもしれませんが、

私の場合は主食の量が多すぎるのだと実感した期間がありました。

 

 

それは入院です。入院中、病院食を食べるわけですが、

十分におなかが膨れるうえに、体重がみるみる

落ちていきました。

 

 

いまどきの病院食は味も良く、こんな料理を食べれば

きちんとした体になっていくんだと感じられました。

 

 

そして家に帰り、家族が用意してくれる食事は、

お好み焼きにごはんなど、どうしようもないほどの

炭水化物食。

 

 

みるみるリバウンドしました。入院中のような野菜、

汁物、メインに魚や肉という健康的なメニューを

食べなきゃなという感覚をありながらも値段も

手間もかかる料理は作れない。

 

 

なので一日一回、この一杯のごはんをやめよう、

このパンひとつ減らそう、それだけで

痩せるのかなと思います。

 

抜くのもダメだけど摂りすぎもNGな炭水化物

みなさんはご自分の毎日の食事、自信を持ってバランスが

良いと言えますか?

 

 

よく健康的に痩せるためには、まずバランスの取れた

食事からと言いますよね。

 

 

でも、フタを開けてみれば忙しさにかまけておにぎりだけとか

パスタや丼ものなど、炭水化物を中心とした食事に

偏っている方は意外に多いのではないでしょうか?

 

かくいう私もその中の一人です。

 

 

育児中ということもあって、とにかく時間にいつも

余裕がないんですよね。

 

 

それを言い訳に前述のような炭水化物中心の食事が

非常に多いんです。

 

 

でも、これって本当に太ります。

 

 

加齢によるたるみも手伝って、腰回りや背中に余計な

お肉が付き放題です。

 

 

運動不足も関係していると思われますが、最大の原因は

炭水化物の過剰摂取だと思われます。

 

やはり食事は一汁一菜と言われるように、炭水化物だけに

偏ってしまうとすぐに太る原因となるようです。

 

 

野菜やたんぱく質もきっちり摂取して、少しづつ

炭水化物の量を減らさないとますます

太ってゆきそうで怖いですね。

 

 

 

 

炭水化物を中心とした食事は太る

炭水化物ばかり食べていると太りやすいと思います。

 

私が食事に気を使うようになったのは結婚してからですが、

自分で作っていると余計わかります。

 

炭水化物は美味しいですし手軽に手に入るのでついつい

口にしやすいですが、実際は手間が多少かかる野菜のほうが

太らないでしょう。

 

以前、面倒で炭水化物をメインにした食事が

数週間続いたことがあります。

 

私はそれで見事太りました。
パンや麺、ご飯は太ります。

 

スーパーで見ていても、極端に太っている人はだいたい

冷凍のグラタンや炒飯などを大量に買っています。

 

これらは時間も手間も省けて用意するのはとても楽なのですが、

太りやすい食事に間違いないでしょう。

 

私は自宅で食事の仕度をするとき、野菜をたくさん使うよう

常日頃から心がけています。

 

なので、冷蔵庫の野菜室はわりといつもいっぱいです。

 

面倒なときはカット野菜を買ってきてそのままサラダとして

出すことも多々あります。

 

ですが、炭水化物を一品多くだすより健康的です。

 

フルーツをたくさん食べると太りやすいかも

太りやすい食事はフルーツをたくさん食べることですよ。

 

 

女性は男性に比べてフルーツ好きな人が多いですね・・・。

 

 

私自身リンゴやミカンなどスーパーで買える普通のフルーツが

好きなので季節によっては毎日食べます。

 

 

フルーツはビタミン補給にもってこいの食品ですが、

私はビタミン補給というより食べたいから食べているといった感じ。

 

 

単純にフルーツが好きなんです。

 

 

夏はパイナップルとマンゴーをたくさん食べていましたし、

秋はブドウと梨や柿をたくさん食べています。

 

 

もう少しすればミカンが安く手に入るのでミカンを

毎日食べるでしょう。

 

 

この食生活を送っていて風邪を引かなくなったのは

良いのですが太りやすくなりました。

 

 

好きなものを食べて太るなら本望だと思って食べているんですが、

たまにフルーツを食べる量を減らしてみようかな~と

考えることはありますよ。

 

 

夜に食べるのをやめて朝たくさん食べるようにすれば

食べ過ぎと太る心配は解消するかもしれません。

 

脂が多い肉は太りやすいですね

鶏皮とか鶏もも肉についている脂は味があって

美味しいものですね。

 

 

野菜炒めの中に入れたり肉じゃがの中に入れて一緒に

煮込むと、適度に脂がでて鶏の脂も野菜に馴染み美味しいので

私は好きなんです。

 

 

子供達も喜んで食べてくれるし野菜と肉ををまんべんなく

食べられるので身体に良いです。

 

 

だけど、野菜はともかく鶏皮や鶏の脂を使っていると

太りやすくなります。

 

 

コレは鶏皮や脂に限ったことではなく豚肉の脂身だったり

牛肉の脂身も同じ。

 

 

豚肉の脂も牛肉の脂もいろんな料理に加えると味が出て

料理の味がアップします。

 

 

だから使いたい食材なんですが太りやすくなるので最近は

肉の量を控えています。

 

 

それから肉を使うときは赤身が多いところを選ぶように

気をつけていますよ。

 

 

赤身が多いところは煮込みかたによって肉が硬くなってしまい

子供達には不評なんですが、太りにくくなる効果は抜群です。

 

 

良質のタンパク質を取るという点でも肉は皮や脂が

多いところよりも赤身が良いです。

 

 

 

私的「こういう食事で太るのね」体験談

私的「こういう食事で太るのね」体験談を

紹介していますので良かったらご覧くださいね。

 

 

一人暮らしをしている時にちゃんと自炊をしたにも

係わらず、巨大化していった私です。

 

既に大人だし、暴飲暴食をするような習慣も

なかったのになんで太るのか不思議でした。

 

でも、家族の食事を一手に引き受けるようになった

今ではその原因がよーっくわかります。

 

それは満足し辛い食事内容だったことが原因で、

ついつい食べ過ぎていたという量の問題があったから。

 

というのも、1人で自炊をすれば健康的な食事という

短絡的な思い込みがあり、ご飯と野菜炒め、ご飯と

生姜焼きなどの主食プラスおかずのメニューばかりに

なっていました。

 

これだとなんとなく食べている感はあるのですが、

実際は品数が少ないのでご飯もおかずの量もついつい

多めになってしまいがちなんです。

 

品数が少ないから多めにご飯を炊こう。
お肉も多めに。

 

結局、こうやって食べた食事のエネルギー分を

消化できずに着々と身体に蓄えて行ってしまったことが

巨大化に繋がりました。

 

日本の食卓でいう1汁3菜や箸休めなどの意味は

とても大きいのですね。

 

食事ごとに量だけでなく見た目や美味しいものを

食べたという満足度のない食事は太る原因に

なっちゃいますから注意が必要です!

 

 

こういう食生活は太る元です

コレは太りやすい食事だなと思うのはコンビニや

スーパーのお弁当。

 

 

コンビニやスーパー、それからお弁当屋さんの

お弁当や総菜は美味しいですよね・・・。

 

 

美味しいということはカロリーが高いのです。

 

 

カロリーが高い料理は美味しく感じるし、

カロリーが少ない料理は物足りなく

感じることがほとんどです。

 

 

カロリーが高いお弁当を食べていれば

間違いなく太ります。

 

 

おまけにそういったお弁当類は野菜の使用料が

極端に少ない・・・。

 

 

野菜炒めが入っているとしても量としては

少なすぎますし、やっぱり動物性や植物性の油が

たくさん使われています。

 

 

そしてそういうお弁当を食べるときに飲むものでも

太りやすくなりますよ。

 

 

若い人はお弁当を食べながら炭酸ジュースなどの

ジュースをよく飲んでいますよね。

 

 

せめてウーロン茶や緑茶を飲めば良いのですが、

ジュースを飲みながら食事をする習慣がついてしまうと

なかなかそこから抜け出せません。

 

 

こういう食生活は太る元になります。

 

 

太りやすい食事の改善

それまで太ったと思った事などなかったのに、

太ってしまいました。

 

 

焦りました。それまで、あまりに食事に気を

つかわな過ぎたんですよね。

 

 

太った経験などなかったものだから、あわてて

対処法をいろいろと調べました。

 

 

本を見たりネットを見たり、ひとに

訊いたりもしました。

 

 

それでも体重を落とすことが出来ませんでした。

 

 

そしてある人に、「けっきょく食べちゃったら駄目よ。

」といわれ、ハッとしました。

 

 

食べる量を減らすのは、ある程度ならできるのですが、

それには限界がありました。

 

 

そこで、食べるものの種類を変えるようにしました。

 

まず、中性脂肪の最大の原因となる油脂の種類を

変えました。

 

 

お菓子やマーガリンといったトランス脂肪酸の

摂取はぜんぶやめました。

 

 

次に、コレステロール値をあげてしまう事になる

お肉などの飽和脂肪酸の量を減らしました。

 

 

かわりに、液状の油であるアマニ油やお魚などの

不飽和脂肪酸で油分を取るようにしました。

 

 

野菜の量も増やしました。太りやすい食事は、

これで改善できました。

 

 

嗜好品ばかりの食生活は太りやすい!

よく言われているように、バランスの良い食事をとること、

その中でも特に和食中心の食事を心がけていれば、

太るということはまずないと思います。

 

 

逆に言うと、バランスの悪い食事は太ると言うことに

なりますよね!

 

 

野菜や乳製品など体の調子を整えてくれるものが不足して、

嗜好品を好き放題に食べていると間違いなく太ってくると

思います!

 

 

食事の代わりに、とお菓子を食べるとか、時間がないからと

菓子パンやカップラーメンのような手軽だけれども

栄養としてはほぼないようなものを毎日食べ続けるのも、

確実に太りやすい食事と言えるでしょう。

 

 

私自身も菓子パンが好きで、ついおやつにも菓子パンを

ペロッとたいらげてしまうのですが、

それがついつい連日、しかも夜寝る前に食べてしまったりすると、

体のキレも悪く、何となく体が重く感じられたりします。

 

 

このような嗜好品もですが、大好きな方も多いお肉も、

やはり食べすぎは太りやすいと思われます。

 

 

特に脂身の多い部分ですよね!ジューシーで美味しいのですが、

食べすぎは禁物ですね!